[PR]
総合離婚情報「リコナビ」
なぜか人気の防犯アイテム「センサーライト」で侵入者を静かに撃退!

2006年09月20日

6,580円の蟹会席を無銭飲食 涙で語る大胆犯行の理由とは…

 被告人は40代ぐらいの男性で、蟹料理専門店で会席料理(6,580円相当)を無銭飲食した疑いで、詐欺に問われています。この他に、飲食代やカラオケ等(11,000円相当)を踏み倒した件でも、追起訴されました。

 私は、7月11日の第1回公判を傍聴して以来、9月が待ち遠しくてたまりませんでした。私にとっては、ホリエモンやアイメンタルスクールすら取るに足らぬ裁判で、この無銭飲食こそが9月で一番の注目裁判でした。まあ、私以外の人は、誰も興味を持っていませんけども。

 さあ、第2回公判で、豪華すぎる無銭飲食の理由が明らかとなるのでしょうか。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ラブホテルで無銭宿泊 所持金32円の逃避行

 被告人は、仮出獄中の男性で、ラブホテルで無銭宿泊して逮捕されました。逮捕時の所持金は32円でした。

 彼は、更正保護会をこっそり抜け出し、仕事を求めて徒歩で移動しました。どうやら、食事や水分補給をしないまま、数十キロもの長距離を歩き続けていたようです。
 どこかで休みたいと思うのも無理はありません。

 彼をここまでの強行軍に駆り立てた事情は何だったのでしょうか?【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

NEWS、V6のチケット売ります ネットオークション詐欺

 被告人は20代の女性で、人気アイドルグループ “NEWS” “V6” のコンサートチケットを、売る意思も能力もないのに、ネットオークションへ出品しました。

 NEWSの事件では、チケット2枚で、何と8万円も騙し取ったそうです。
 V6の事件では、チケット4枚で、全て定価だったそうです。
 私には、どうしてこれほど金額が違うのか、よく分かりません。会場や公演の規模が関係しているのでしょうか?
 いずれにしても、被告人はチケットを持っているわけではないので、いくらでもいいのですが。

 今回も、連休中につき、検索で引っかかりそうな裁判を選んでみました。
 そして、当ブログ初めての、女性被告人です【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

リフォーム詐欺一味の法律相談所

 リフォーム詐欺グループが、以前に騙した人から、再びお金を騙し取ろうとした事件です。
 しかも、リフォーム詐欺の被害者救済を行っているかのように、装っています。
 悪質すぎて呆れるしかないです。言葉もありません。

 今回は証拠の提出だけでした。すんなり進みそうもない裁判です。追起訴がたくさんあるみたいでした。裁判所も大変です。

 ただし、ちょっと中途半端な記事になってしまいました。今回は犯罪の手口を知ることしかできません。面白く書けなかったです。すみません。

 それにしても、似たような詐欺がありそうですね。振り込め詐欺のグループから、法律相談の電話なんかが、かかってきそうです【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 12:27 | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

偽装交通事故による保険金詐欺事件 - 首謀者の罪状認否

 わざと交通事故を起こして保険金を騙し取った事件の裁判です。今回は首謀者の裁判について書きます。
 被告人の周りではたくさんの不審な事故が起きていたそうです。つまり、知り合いに事故を起こさせて、保険金を請求していたのです。破天荒ですね。

↓関連する裁判はこちら(2006年4月2日掲載分)↓
http://chisai.seesaa.net/article/16042478.html

 被告人は、↑の裁判で弁護人から、“素行の怪しげな人間”と噂されていた男です。
 いくつ追起訴がなされるのか想像できません。それなのに詐欺罪の成立について争うというのです。
 さすが保険会社を敵に回した男! たいした度胸です。もしくは、詐欺罪についての見解が、世間一般と大きくかけ離れているのでしょう。

 この裁判は、状況から考えて、時間がかかりそうです。
 この日は起訴状の朗読と罪状認否だけで終わりました。しかも、追起訴ばっかりで、私には何が何だか、よく分かりませんでした。
 普通であれば、よく分からなかった裁判について、記事は書きません。今回は、4月2日分と関連していますので、書くことにしました。読み物として面白さに欠けるかもしれません【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 13:01 | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

偽装交通事故による保険金詐欺事件 - 片棒を担いだ男

 わざと交通事故を起こして保険金を騙し取った事件です。ただし、被告人は、利用されただけのようです。
 別に首謀者の男がいて、その人の周りでは、不審な交通事故が絶えなかったのだとか。世の中には怖い人がいるものですね。

 ただし、利用されただけとはいえ、被害金額が高額で、しかも本当に自動車をぶつけたわけですから、責任は重いと判断されても文句は言えません。

 幸いにも、被告人の交際相手と雇用主が、情状を訴えるために法廷まで来てくれていました。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 17:47 | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

日本メンテナンスによるリフォーム詐欺事件4

 日本メンテナンス営業本部長の裁判です。被告人質問、論告・求刑、弁論、最終陳述まで、一気にどうぞ。
 全面否認から一転、詐欺も傷害も、全て認めるという被告人。裁判は急転直下の結審を迎えます。

過去の記事はこちら
http://chisai.seesaa.net/article/14361893.html
http://chisai.seesaa.net/article/14447111.html
http://chisai.seesaa.net/article/15356826.html

 証人として呼ばれた被告人の母親は息子の監督責任を誓いました。詳細は昨日の記事を参照して下さい。
 それでは、いよいよ被告人質問です。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 19:04 | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

日本メンテナンスによるリフォーム詐欺事件3

 急転直下の結審でした。2週間前までは全面否認していたというのに。
 被告人は日本メンテナンスの営業本部長だった若い男性です。こういう会社の肩書きが信用に足るのかどうか分かりませんけども。
 ともかく、営業部門ではエース級だったことは確かなようです。

 最初にお断りしておきますが、とりあえず速報という意味で、前半のみ更新しておきます。

過去の記事はこちら
http://chisai.seesaa.net/article/14361893.html
http://chisai.seesaa.net/article/14447111.html

 私が初めて観た裁判の続きです。2週間ぶりですね。あの記事に対しては周りでもちょっとだけ反響があったような気がします…… が、やっぱり妄想かもしれません。
 前はですね、全面否認する被告人に対して、検察側が被害者のおじいさんを呼ぶという、ちょっと過激な内容でした。
 証人のおじいさんは記憶が出てこない様子でした。ムリして頑張っているようで気の毒だったのを覚えています。
 その後、一回は都合がつかずに行けませんでした。ですから、最低でも一回は見ていないことになります。

 さて、今回ですが、有名な事件ということもあって傍聴人が多かったです。ざっと数えたら傍聴人12人+証人1人でした。大手マスコミも来てたかもしれませんね。
 名古屋地裁では注目度の高い裁判であると思います。

 ところが、どうも様子がおかしいのです。
 まず、弁護人が交代していました。この2週間に何か起きたのでしょうか。
 それから、検察官の様子も前とは違います。どことなく冷めたような雰囲気でした。

 それから、弁護人が証人を連れてきていました。40〜50代くらいの女性です。日本メンテナンスの社員ではなさそうです。堅気っぽい人が、弁護側の証人として呼ばれるとは思えませんから、ちょっと不思議に思いました。

 それらの疑問は裁判が始まってすぐに解けました。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 22:28 | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

日本メンテナンスによる住宅リフォーム詐欺事件2

 日本メンテナンスによるリフォーム詐欺事件の裁判の続きをお伝えします。
 ただし、先に書いておきますが、事件の証拠となるような証言は得られませんでした。

 過去の記事はこちら
http://chisai.seesaa.net/article/14361893.html
 
 被害者のおじいさんを呼んでの証人尋問は証人の疲労により5分程度の休憩をとりました。お年を召している証人にとって、知らない人たちに囲まれて矢継ぎ早に繰り出される質問に要領よく答えなければならない証人尋問は、辛いことだろうと思います。
 休憩時間が終わり裁判官が戻ったとき突然全員が立ち上がって礼をしました。一瞬の出来事で一体何事かとウロこいてしまいました。我に帰ったときには、みんな礼が終わってましたので、仕方がなく座ったまま礼をしました。特に号令もありませんでしたし、慣例のようなものでしょうか。ま、座ったままでも叱られませんでしたので、気にしないことにします。
 
 主尋問の続きで、女性検察官に交代していました。この検察官は、小さい子に話しかけるような優しい語り口で、証人の記憶を引き出そうとします。聞いている私の心まで癒されました。なにより、ゆっくりしゃべってくれたのでメモをとりやすかったです。

 いきなり最初に、初 “異議あり!” を、体験しました。ただし、ここの記憶が曖昧なためセリフが全然違うかもしれません。

検察官:「日本メンテナンスのM(被告人)さんがA(証人)さんのお家に来たとき、床下に入ってきましたよね?」
弁護人:「先ほどの質問と内容が同じです。重複質問に当たるのではないでしょうか?」
検察官:「別の質問に関係する確認事項ですので、重複質問には当たりません」
裁判官:「許可します」

 裁判官の言う「許可します」がどちらに対する許可なのか分からなくて混乱しました。とはいえ、そのまま検察官の質問が続いたので、弁護人の意見は通らなかったのだと分かりました。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 18:05 | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

日本メンテナンスによる住宅リフォーム詐欺事件1

 “初めての裁判傍聴は 有名な事件でした”

 さっそくですが、初めて傍聴した裁判について書いていこうと思います。
 初めての傍聴だというのに、到着したときには裁判が始まっていました(^^;)
 法廷の扉越しに真剣そうな声が漏れ聞こえてきて、一瞬だけ脇の下がひんやりとしました。それでも、傍聴者は遅刻早退自由と聞いておりましたので、さほどの勇気を振り絞ることもなく、扉を開けることができました。
 ただ、シーンと静まった法廷には、ゴソゴソという私のジャンパーが擦れ合う音が響いてしまいましたけれども。

 私のことはこれくらいにして、肝心な裁判の内容に移ります。
 ………、ところが途中からということを考慮しても、何だか様子がおかしいのです。
どうやら若い男性検察官が証人のおじいさんに主尋問(証人を呼んだ側の尋問)を行っているらしいのですが…【続きを読む】
posted by 絶坊主 at 14:30 | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。