[PR]
総合離婚情報「リコナビ」
なぜか人気の防犯アイテム「センサーライト」で侵入者を静かに撃退!

2007年05月03日

明治村で裁判所と監獄を見学しよう(周辺観光情報)

 今回は、GW特別企画として、明治村での裁判所見学をご紹介します。
 明治村では、明治時代の建造物を、たくさん見学できます。もちろん、裁判に関係した建造物も、たくさん保存されています。
 交通の便がよいので、お近くの方であれば、すぐにでも行けます。
 今回は、宮津裁判所、金沢監獄、前橋監獄を中心に、写真入りでご紹介します。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 周辺観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

赤レンガの旧裁判所 名古屋市市政資料館(周辺観光情報)

 今回は、周辺観光情報として、名古屋市市政資料館をご紹介します。建物は、大正11年に建てられた、裁判所です。
 名古屋市市政資料館(以下、市政資料館)は、お堅い名前からは想像もつかないほど、楽しい施設です。市政に興味のない方は写真だけでもご覧下さい。ハコモノ行政も裸足で逃げ出すぐらいのすごい建物ですよ!

 私がオススメする一番の目玉は “明治憲法下の法廷” と “陪審法廷” の復原です。

 ちなみに、一般人にとっての目玉は、 “愛・地球博「大地の塔」記念展示” です。【続きはここをクリック】
ラベル:観光 裁判 名古屋
posted by 絶坊主 at 19:24| Comment(12) | TrackBack(0) | 周辺観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

五条橋と四間道(周辺観光情報)

 お目当ての裁判まで時間があるときや、早く終わってしまったときなどに、裁判所の周辺を散策してみていかがでしょう?
 今回は最寄り駅の「丸の内」近辺をご紹介します。

 “尾張名古屋は城でもつ” という言葉はよく知られています。
 今でも城でもっているのかどうかは知りません。しかし少なくとも、徳川家康がこの地に築城したことは、名古屋が大都会に発展したきっかけであったようです。
 それまでは、織田信長が居住した、清洲が経済の中心でした。
 その清洲から家康は、武士だけでなく、町民や寺社までも名古屋(当時は那古野)に移動させました。これは「清洲越し」と呼ばれています。
 これが大都会名古屋の始まりです。
 名古屋地方裁判所の近くには、清洲越しの名残とも言える、興味深い観光スポットがあります。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 22:30 | TrackBack(0) | 周辺観光情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。