[PR]
総合離婚情報「リコナビ」
なぜか人気の防犯アイテム「センサーライト」で侵入者を静かに撃退!

2006年07月27日

名簡裁: タバコ一箱を万引き 雨が続いてシケモクが拾えなかった男

 被告人は、タバコ1箱(販売価格280円)を万引きした、40代ぐらいの男です。
 彼は、ホームレス生活をしており、タバコを買う金がなかったため、シケモクを拾って吸っていました。しかし、雨が続いたためシケモクが拾えなくなり、万引きしてしまいました。

 以前に書いた記事で阿曽山大噴火さんを見かけたことについて触れました。
 先日、名古屋簡易裁判所で傍聴していたら、阿曽山大噴火さんが入ってこられました。彼は、青いスカートをはいた大男で、ニュースでお馴染みの緑色の長髪をなびかせていました。
 その裁判は、おじさんが280円のタバコ1個を万引きしたという、あまりにも情けないものでした。さすが阿曽山さんです。面白い裁判を見分ける嗅覚(?)が優れてらっしゃいます。

“名簡裁: 懲りない自転車盗に弁護人の名案「自分で買えば?」”(2006年06月20日付)
http://chisai.seesaa.net/article/19562167.html

 今回は、その万引き事件の裁判を、じっくりとお届けします。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

判決: 初老のホームレスが包丁を持って「やかましい!」

 バカバカしい事件に判決が言い渡されました。60歳ぐらいのホームレスが、仲間と共謀して、消防団のポンプ車がうるさいという理由から、消防団員に対して、包丁を持って脅したという事件です。

公判の模様はこちら
http://chisai.seesaa.net/article/20373661.html

 簡単に言えば、罰金刑だが払う必要はない、という判決です。その理由は続きをお読み下さい。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 暴れた事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

「通販で買って」13年間我慢していたブラジャー泥棒

 被告人は、犬の散歩の途中にベランダ等に干してあったブラジャーを盗んだ、50代ぐらいの男性です。
 彼は以前にも3回ほど御用になっています。ただし、最終前歴からは13年経過しており、その間はまずまず善良な市民として生活していたようです。

 彼は、母親や娘らと同居しており、犬も飼っているのですから、それなりに幸せな暮らしをしていたのだろうと思います。それでもブラジャーを盗みたくなってしまうのですから男という生き物はマヌケです。

※私事で恐縮ですが、忙しさと疲労によって、しばらく更新が止まっておりました。申し訳ございません。
【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

送迎付きの仕事なのに…自動車を盗んで無免許運転 以前から繰り返していた男

 被告人は、自動車を盗んで無免許運転したという、60歳ぐらいに見える男性です。以前から同様の犯行を繰り返していました。自動車が必要な生活をしていたわけではなさそうなのですが…。

 彼は、モゴモゴとした口調で、よく分からないことばかり話します。話し下手なのでしょうか。
 一方で、雇用主から篤い信頼を受けており、仕事の能力は非常に高いようです。

 この裁判は、事件に負けないぐらい、ヘンテコなものとなりました。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

初老のホームレスが包丁を持って「やかましい!」 理由は消防団のポンプ車

 被告人は、公園に居住する60歳ぐらいの男性で、ホームレス仲間と共謀し、消防団員に対して、包丁を持って脅迫しました。その理由は、ポンプ車の「エンジンがうるさかった」から、です。

 どうやったらこんなにくだらない事件が起きるのでしょうか。よく警察が動いたものです。
 もちろん、実際に包丁で脅された被害者としては、その恐怖は大変なものだったでしょう。私としては、包丁を見せられたのであれば通報すべきだと思いますので、通報したことをどうこう言うつもりはありません。

 うまく言えませんが、あまりにもバカバカしい事件だと、わざわざ法律に則って裁判を行うことがもったいなく思えることがあります。こんな人を、拘束して、取り調べて、裁判して、そこまで手間をかけてどうするんだろうっていう。今回はその究極形です。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 暴れた事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

赤ちゃんの泣き声が命取り 不法就労のベビーシッター

 被告人は70歳ぐらいのフィリピン人女性で、ブローカーから入手した他人名義のパスポートで入国し、そのまま滞在した罪に問われています。

 普段は、娘さん達のお子さんの面倒を見ており、善良な生活を送っていたようです。【続きはここをクリック】

2006年06月30日

名簡裁: 注意され「ムカッときて」日本酒を万引き 失笑のマヌケ裁判

 被告人は50代の男性で、スーパーマーケットで段ボールに寝ているところを注意され、ムカッときたことから、日本酒4本を万引きしました。彼は、東京から名古屋まで、野宿しながら自転車で移動する途中でした。
 50代とは思えないぐらいの凄い体力です。

 ムカッときたことと万引きがつながらないのですが、被告人が言っているので、どうすることもできません。

 動機の謎はともかく、笑ってしまうほどのマヌケな事件で、面白い裁判になることが期待できます。これが実際マヌケな裁判になったのです。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 22:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

名簡裁: 「レジが遠くて…」お婆ちゃんが大好物を万引きした思わぬ理由

 被告人は、スーパーマーケットから、大好物を万引きした、小柄なお婆ちゃんです。被害金額は少ないのですが、被害店舗の店長はカンカンに怒っていたようです。

 被告人の息子さんは、カンカンに怒った店長と示談を済ませ、裁判では情状証人として出廷しました。母親のために頑張ったようです。

 肝心の被告人は、慢性的な持病をたくさん抱えており、裁判でも辛そうにしていました。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

元教員の万引き 転落人生と年老いた母

 被告人は、ギャンブルに溺れた中年男性で、デパートの書店からDVD2枚を万引きして、警備員に現行犯逮捕されました。
 彼は、ギャンブルで身を崩し、金に困ってしまい、せっせと万引きしていました。中年男性の日常としては恥ずかしいものです。

 法廷には、被告人の年老いた母親が証人として呼ばれており、息子のために無理して証言されていました。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

横領してパチンコ 負けて取り戻すためにまた横領パチンコ

 被告人は、パチンコで儲けたくて横領してしまった、集金業務を任されている男性です。以前にも持ち逃げや夜逃げを繰り返していたそうです。

 今回の罪名は「業務上横領」です。何だか知的な響きです。ずる賢い事務員が帳簿をごまかして大金をせしめる…、私にはそんな印象があります。

 ところが、この被告人は、仕事中にパチンコをして所持金がなくなったことから、取り戻したくなって横領しました。残念ながら知性のかけらもありません。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

司法脱線ブログ「法治国家つまみぐい」のご紹介

 今回は、裁判傍聴に役立つブログとして、「法治国家つまみぐい」を、ご紹介します。フリーライターのみそしるさんが運営されている法律関係のブログです。

「法治国家つまみぐい」
http://miso.txt-nifty.com/

 私たちは、テレビや新聞で話題となっている事件について、感情的、道徳的な視点から、ああでもないこうでもないと、考えたり噂したりしています。それらの事件のうち、いくつかは、いずれ司法に持ち込まれ、法律に照らし合わせて判断されます。
 このブログでは、法律という視点から、話題の事件を論じています。といっても、冗談を交えながら分かりやすく書かれており、噂話をするような手軽さで読むことができます。週刊誌と法律解説書を足してキャバクラの看板で割ったと言えば理解して頂けるでしょうか。これほど読みやすい法律関係の文章はないでしょう。

 私のオススメは “泥棒 ふしぎ発見!” というカテゴリです。
http://miso.txt-nifty.com/tsumami/cat3753367/index.html

 ちょっと変わった泥棒について書かれています。くだらない事件がたくさん載っていて飽きません。バカバカしい事件にも適用される法律があるのだそうです。気付かなかった!

 当ブログとしてはこちらも紹介しなければいけませんね。有名な裁判の傍聴記です。
“裁判傍聴録「レペタな私」”
http://miso.txt-nifty.com/tsumami/cat3144271/index.html


 このように、法律のお勉強ができたり、バカバカしい事件を笑ったり、難しい裁判について考えたりと、色々な楽しみ方ができるブログです。斜め読みするだけでも傍聴に役立つでしょう。もちろん日常生活に役立つ記事もたくさんありますよ〜♪

「法治国家つまみぐい」
http://miso.txt-nifty.com/

こちらもオススメ
みそしるさんの裁判傍聴メールマガジン「東京地裁つまみぐい」 
http://www.mag2.com/m/0000148642.html
posted by 絶坊主 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判傍聴お役立ちリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

名簡裁: 懲りない自転車盗に弁護人の名案「自分で買えば?」

 被告人は、放置自転車を乗り逃げした、年金暮らしのおじいさんです。とても図太い発言をされる方でした。

 先日、名古屋簡易裁判所で傍聴していたら、阿曽山大噴火さんが入ってこられました。彼は、青いスカートをはいた大男で、ニュースでお馴染みの緑色の長髪をなびかせていました。
 その裁判は、おじさんが280円のタバコ1個を万引きしたという、あまりにも情けないものでした。さすが阿曽山さんです。面白い裁判を見分ける嗅覚(?)が優れてらっしゃいます。

 その一つ前に行われた裁判も負けず劣らず面白い内容でした。
 まず、被告人の顔が笹川良一さんに似ています。それなのに全く貫禄がありません。これは奇跡です。
 また、前科前歴がたくさんあるのに、微罪ばかりで、刑務所に入ったことはありません。小悪党と呼ぶのももったいないです。
 さらに極めつけは、行動や発言が、図太いことです。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

メモ楽々♪ かわいい☆ 安価! カランダッシュ・ボールペンのご紹介

 今回は、裁判傍聴で大活躍する、とっても書きやすいボールペンをご紹介します。

 私は、裁判を見ているとき、できるだけ全ての会話をメモしたいと思っています。裁判の雰囲気を細かい所まで記事に反映させたいからです。
 しかし、一日中続けていると、手が痛くなってしまいます。これが原因で肝心な一言をメモできないことも少なくありません。
 そこで、疲れにくい筆記具を、ずっと探していました。

 ある時、図書館で「図解 裁判傍聴マニュアル」という本で、ジャーナリストの有田芳生さんが、カランダッシュのボールペンが書きやすいとの旨を、インタビューで答えてらっしゃる記事を読みました。非常に満足しておられることが伝わってくる口調でした。

 調べてみると、有田さんが愛用されているものは高級品でしたが、中には安い商品もあることが分かりました。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 裁判傍聴お役立ちグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判にビビったパンティー泥棒

 被告人は50代の男性で、コインランドリーから女性もののパンティーを盗み、自宅で自慰行為に使用しました。本当に情けない事件です。
 被告人は、過去に20回ぐらい繰り返したという旨を、供述しています。
 彼は、裁判所に対して、ものすごい畏怖を感じているようで、ビビったような大声で返事をしていました。

 被害者にとってみれば、自分の下着を盗まれるということが、非常に気味が悪い犯罪で、生きた心地がしなかったかもしれません。

 一方の被告人にとって、公判で裁かれるということが、さらし者になったようで、辛かっただろうと思います。もし、下着泥棒を計画している人がいたら、これを読んで裁判の恥ずかしさを想像して、思いとどまって下さい。【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 盗んだ事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ラブホテルで無銭宿泊 所持金32円の逃避行

 被告人は、仮出獄中の男性で、ラブホテルで無銭宿泊して逮捕されました。逮捕時の所持金は32円でした。

 彼は、更正保護会をこっそり抜け出し、仕事を求めて徒歩で移動しました。どうやら、食事や水分補給をしないまま、数十キロもの長距離を歩き続けていたようです。
 どこかで休みたいと思うのも無理はありません。

 彼をここまでの強行軍に駆り立てた事情は何だったのでしょうか?【続きはここをクリック】
posted by 絶坊主 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 騙した事件(裁判傍聴記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

ワールドカップ開幕記念: ジーコが出る裁判

 被告人は、ジーコと呼ばれる密売人から、カプセル状の覚せい剤を購入し、お酒と一緒に飲んでいた男性です。ただし、本人は、カプセルの中身が覚せい剤だったことを、知らなかったと主張しています。
 とはいえ、普段は注射で覚せい剤を使用していたのですから、無罪になることはなさそうです。

 当たり前ですが、ジーコと呼ばれている密売人は、サッカー日本代表の監督と一切関係ありません。

 これは1ヶ月近く前の裁判です。私の記憶が不鮮明なため不合理な点がございます。ご了承下さい。【続きはここをクリック】

2006年06月04日

判決: 父親は引っ越しを覚悟 執行猶予中に覚せい剤

 執行猶予中に覚せい剤を使用した男性の判決です。
 彼のお父様は、覚せい剤の使用を疑って警察に相談し、裁判には証人として出廷されました。被告人のために引っ越しまで考えておられるそうです。

 先ほど投稿した記事の判決です。
http://chisai.seesaa.net/article/18831772.html

 先に一つ前の記事をお読み下さい。【続きはここをクリック】

父親は引っ越しを覚悟 執行猶予中に覚せい剤

 被告人の男性は、自宅で覚せい剤を使用し、父親の通報によって逮捕されました。彼は、以前にも覚せい剤取締法違反で逮捕されたことがあり、その刑の確定から2ヵ月後の犯行でした。
 お父様は、情状証人として登場し、苦しい胸の内を明かされました。【続きはここをクリック】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。